タグ「Xperia XZ2」が付けられているもの

Xperia XZ2 Premium/SONY/docomo・au

機種名:Xperia XZ2 Premium
型番・別名:SO-04K(docomo) / SOV38(au)
メーカー名: SONY
携帯事業者:docomoau
発売日:2018年07月27日(docomo)2018年08月10日(au)
レビュ・評価:価格コム(docomoau
<スペック>
【画面サイズ】
5.8インチ
3840× 2160ピクセル
760dpi
Triluminos® Display for Mobile 4K
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
158mm
80mm
11.9mm
236g
Chrome Silver
Chrome Black
 
 
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
1920万画素+1220万画素
デュアルカメラ
サブ
(インカメラ)
1300万画素
【性能】
CPU
Snapdragon 845
2.8GHz×4+1.8GHz×4
OS
Android8.0
⇒Android9.0
メモリ
6GB
データ容量
64GB
外部容量
microSDXC
400GB
バッテリー
3400mAh
待受時間
450時間
通話時間
1450分
急速充電
Wi-Fi
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
Bluetooth
5.0
【その他機能】
IPX5/8
IP6X
耐衝撃
×
生体認証
指紋:○
虹彩:×
顔認証:×
ワイヤレス充電
FeliCa
NFC
赤外線
×
ワンセグ
フルセグ
ハイレゾ
GPS
外部接続
USB type-C
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
960fpsのスーパースローモーション撮影、3Dクリエーター機能搭載、ダイナミックバイブレーションシステム
<一口コメント>
早くもデュアルカメラにキャッチアップしてきたこれぞXperiaのフラグシップ本命というところでしょうか!
ただ・・・あれ?と思うのはXperia XZ2で採用した18:9の画面構成比ではなく従来型の16:9に戻しちゃったことで画面サイズにくらべてXZ2より本体サイズが大きくなってしまっていたり、依然としてベゼルレスにはおいついていなかったりと・・・デュアルカメラだけ無理に追い付かせたような?迷いが見え隠れする機種になってしまっているような気がします。
カメラ機能や4Kディスプレイの採用とか見るべき点はあるもののはたしてPremiumの名前を冠してしまっていいのでしょうか・・・?
XZ2のPreimum版と割り切ってみてしまうなら有りなのかな?XZ2シリーズの鬼っ子扱いが個人的には止まらないのですが・・・。

Xperia XZ2 Compact/SONY/docomo

機種名:Xperia XZ2 Compact
型番・別名:SO-05K(docomo)
メーカー名: SONY
携帯事業者:docomo
発売日:2018年06月22日
レビュ・評価:価格コム(docomo)
<スペック>
【画面サイズ】
5インチ
2160× 1080ピクセル
483dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
135mm
65mm
12.1mm
168g
ブラック
ホワイトシルバー
モスグリーン
コーラルピンク
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
1920万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
サブ
(インカメラ)
500万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
【性能】
CPU
Snapdragon 845
2.8GHz×4+1.8GHz×4
OS
Android8.0
⇒Android9.0
メモリ
4GB
データ容量
64GB
外部容量
microSDXC
400GB
バッテリー
2760mAh
待受時間
430時間
通話時間
1380分
急速充電
Wi-Fi
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
Bluetooth
5
【その他機能】
IPX5/8
IP6X
耐衝撃
×
生体認証
指紋:○
虹彩:×
顔認証:×
ワイヤレス充電
×
FeliCa
NFC
赤外線
×
ワンセグ
フルセグ
ハイレゾ
GPS
外部接続
USB type-C
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
960fpsのスーパースローモーション撮影、3Dクリエーター機能搭載
<一口コメント>
兄弟機種のXZ2と同じデザインのコンパクトモデルです。
コンパクトモデルに兄弟機種と同等の性能を持たせたことは素晴らしいと思いますがそれでもデザイン変更やベゼルレスを実現できていないためにサイズ感からはiPhoneXとそう変わらないけど性能面の魅力ではまけてしまうという残念な結果になってしまっていると思います。
ワイヤレス充電や新しいバイブレーション機能も非搭載となっているため、どこまで指示を集めるんだろう?という印象です。

Xperia XZ2/SONY/docomo・au・softbank

機種名:Xperia XZ2
型番・別名:SO-03K(docomo) / SOV37(au)
メーカー名: SONY
携帯事業者:docomoausoftbank
発売日:2018年05月31日
レビュ・評価:価格コム(docomoausoftbank
<スペック>
【画面サイズ】
5.7インチ
2160× 1080ピクセル
424dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
153mm
72mm
11.1mm
198g
リキッドブラック
リキッドシルバー
ディープグリーン
アッシュピンク
(docomo・au)
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
1920万画素
サブ
(インカメラ)
500万画素
【性能】
CPU
Snapdragon 845
2.8GHz×4+1.8GHz×4
OS
Android8.0
⇒Android9.0
メモリ
4GB
データ容量
64GB
外部容量
microSDXC
400GB
バッテリー
3060mAh
待受時間
620時間
通話時間
2010分
急速充電
Wi-Fi
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
Bluetooth
5.0
【その他機能】
IPX5/8
IP6X
耐衝撃
×
生体認証
指紋:○
虹彩:×
顔認証:×
ワイヤレス充電
FeliCa
NFC
赤外線
×
ワンセグ
フルセグ
ハイレゾ
GPS
外部接続
USB type-C
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
960fpsのスーパースローモーション撮影、3Dクリエーター機能搭載、ダイナミックバイブレーションシステム
<一口コメント>
先代モデルと大きくデザイン変更してきたXZ2。賛否両論はあると思いますが果たして・・・。
(個人的には好みではないため次回機種変更はXperiaから一度離れそう...)
バイブレーションに臨場感を持たせようとした新しい試みは評価できると思いますが、他の基本スペックがフラグシップというには少し弱いかなぁ。

(海外ニュース)Xperia XZ2/XZ2 Compact発表

SONYからXperiaシリーズのフラグシップモデルとなる
Xperia XZ2XZ2 Compactが発表されました!!

日本国内での発売は今のところ発表なしですが
まぁ夏モデルには登場するんでしょうね。

今回のモデルは今までのXperiaシリーズと大きくデザインを変更していて
各メディアもこれまでの「変化のあまり見られないXperia」から進化していると
おおむね好評価な扱いで報じています。

ただ・・・1Xperia好きとしては
今回のモデルは・・・見送りかなぁと思っています。
ニュースサイトを順に見ていっても正直、フラグシップモデルになり切れていないというか
びみょー・・・という印象です。

<新機種への率直な感想です>
カメラ機能を強化していますが、デュアルカメラは見送り・・・

(フロントはデュアルかな?と見えたのですが違うみたいですね。)

画面の縦横比を18:9とライバルメーカーと同じ比率に変えてきましたが
なぜかベゼルレスとはならず・・・本体サイズも抑えられていない感じ。

指紋認証センサーがなぜか背面に移動・・・サイドボタンだとなにか問題あったのでしょうか?

ワイヤレス充電(Qi)に対応したものの・・・Comapctは非対応
サイズ感から不要と判断したとコメントが出てたようですが・・・いるでしょう!?

今回のモデルの売りとして新しい臨場感を強化したバイブレーション機能をつけたようですがこれもComapctモデルには実装なし。

これなら・・・iPhoneXやGalaxyシリーズの方が魅力的だと思います。
どちらの機種を選んでも全画面感は感じられず、同じようなサイズのライバル機種より重く、サイズも大きく・・・と
これで競争力が保てるのでしょうか。なんだか迷走感が抜けない・・・なぜにー?と叫びたかったです。
(好評価な報じ方している各メディアもどうかと思いますが・・・PCWatchさんは多少厳しかったかな?)

ただ、希望はちょっとだけあって(遅いとは思いますが)
今回はおそらく間に合わなかったんだと思いますが、真のPremiumモデルと思われる
デュアルカメラ搭載モデルの発表を計画しているようですね。
待てる方はそっちを待ったほうがいいかもしれませんねー。

いろいろ理由は語ってくれていますが・・・響くものは感じられないかなぁ。イヤホン端子の件もじゃぁなぜ無くしたの?しかも代替できるUSB type-C接続ではソニーの売りであるノイズキャンセリングが使えないし・・・本気でワイヤレスを推進するならいっそのこと高機能ワイヤレスイヤホンを同梱してくれてもいいのでは。。。
この記事の「勝算はあるか」に非常に同意です。安くないハイエンドモデルがライバル機種より魅力が劣るのに選ぶ理由って...と思ってしまいます。