タグ「2018夏モデル」が付けられているもの

かんたんスマホ/京セラ/Y!mobile

機種名:かんたんスマホ
型番・別名:705KC(Y!mobile)
メーカー名: 京セラ
携帯事業者:Y!mobile
発売日:2018年08月09日
レビュ・評価:価格コム(Y!mobile)
<スペック>
【画面サイズ】
5インチ
1280× 720ピクセル
294dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
147mm
71mm
9.2mm
142g
ライトブルー
ライトピンク
 
 
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
1300万画素
サブ
(インカメラ)
500万画素
【性能】
CPU
Snapdragon 430
1.4GHz×4+1.1GHz×4
OS
Android8.1
メモリ
3GB
データ容量
32GB
外部容量
microSDXC
256GB
バッテリー
2600mAh
待受時間
640時間
通話時間
1010分
急速充電
Wi-Fi
IEEE802.11
b/g/n
Bluetooth
4.2
【その他機能】
IPX5/7
IP5X
耐衝撃
生体認証
指紋:×
虹彩:×
顔認証:×
ワイヤレス充電
bっ×
FeliCa
×
NFC
×
赤外線
ワンセグ
フルセグ
×
ハイレゾ
×
GPS
外部接続
USB type-C
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
60歳以上で「国内通話無料」プラン有り。サポート用アプリ「押すだけサポート」搭載
<一口コメント>
60歳以上「国内通話無料」だったり、あらかじめLINEをインストール済みだったりとシニア向けスマホとしての気遣いが組み込まれていますね。シニア向けスマホの設定は各社似たような機能をいろいろ入れていますが、どれが一番使いやすいのかなぁ?

docomo、2018年夏モデル11機種を発表

docomoから夏モデル11機種が発表されましたね。
タブレット1機種、法人向け1機種を含むので
通常のスマホとしては全部で9機種になりますね。

Huaweiからは「P20 Pro」を独占!と気合の入り方を感じます!
Xperiaは今夏はおそらく振るわないと思うので
ハイエンドモデルでは、Galaxyと写真と動画にデュアルカメラを振り分けたAQUOSとどういう戦いになるかが要注目ですね!!
(個人的にはHuaweiがヨーロッパで発表したポルシェデザインのモデルの扱いもあればなおよかったのになぁ・・・と)

あとはパナソニック復活!?と驚いたのですが
残念ながら法人向けの超タフネススマホとしての扱いのようなので限定的な感じですね。
パナソニックファンだったとしても安易に手を出すモデルではないと思います。

  機種名 メーカー 画面サイズ メモリ データ容量 発売時期 備考
Xperia XZ2 Premium SONY 5.8インチ 6GB 64GB 2018年8月中旬
Xperia XZ2 SONY 5.7インチ 4GB 64GB 2018年5月下旬
⇒2018年5月31日
Xperia XZ2 Compact SONY 5インチ 4GB 64GB 2018年6月下旬
⇒2018年6月22日
Galaxy S9 サムスン 5.8インチ 4GB 64GB 2018年5月18日
Galaxy S9+ サムスン 6.2インチ 6GB 64GB 2018年5月18日
AQUOS R2 SHARP 6インチ 4GB 64GB 2018年6月上旬
⇒2018年6月8日
HUAWEI P20 Pro Huawei 6.1インチ 6GB 128GB 2018年6月下旬
⇒2018年6月15日
LG Style L-03K LGエレクトロニクス 5.5インチ 4GB 64GB 2018年6月下旬
⇒2018年6月22日
docomo with
arrows Be F-04K 富士通 5インチ 3GB 32GB 2018年5月25日 docomo with
dtab Compact d-02K Huawei 8インチ 3GB 32GB 2018年夏 コンパクトタブレット
TOUGHBOOK P-01K パナソニック 5インチ 2GB 16GB 2018年夏 ビジネス向け

arrows Be F-04K/富士通/docomo

機種名:arrows Be F-04K
型番・別名:F-04K(docomo)
メーカー名: 富士通
携帯事業者:docomo
発売日:2018年05月25日
レビュ・評価:価格コム(docomo)
<スペック>
【画面サイズ】
5インチ
1280× 720ピクセル
294dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
144mm
72mm
8.3mm
146g
ブラック
ピンク
ホワイト
 
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
1220万画素
サブ
(インカメラ)
800万画素
【性能】
CPU
Snapdragon 450
1.8GHz×8
OS
Android8.1
⇒Android9.0
メモリ
3GB
データ容量
32GB
外部容量
microSDXC
400GB
バッテリー
2580mAh
待受時間
530時間
通話時間
980分
急速充電
Wi-Fi
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
Bluetooth
4.2
【その他機能】
IPX5/8
IP6X
耐衝撃
生体認証
指紋:○
虹彩:×
顔認証:×
ワイヤレス充電
×
FeliCa
NFC
赤外線
×
ワンセグ
フルセグ
×
ハイレゾ
GPS
外部接続
USB type-C
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
ハンドソープで「洗えるスマホ」
<一口コメント>
docomo with対応機種
<一口コメント>
docomoからもハンドソープで洗えるスマホが登場しましたね。
防水に加える機能としては今後の標準になってくれるとうれしいですね。

TOUGHBOOK P-01K/パナソニック/docomo

機種名:TOUGHBOOK P-01K
型番・別名:P-01K(docomo)
メーカー名: パナソニック
携帯事業者:docomo
発売日:2018年10月29日
<スペック>
【画面サイズ】
5インチ
1280× 720ピクセル
294dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
154mm
75mm
13.1mm
230g
ブラック
 
 
 
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
820万画素
サブ
(インカメラ)
【性能】
CPU
Snapdragon 210
1.1GHz×4
OS
Android8.1
メモリ
2GB
データ容量
16GB
外部容量
バッテリー
3200mAh
待受時間
-時間
通話時間
-分
急速充電
Wi-Fi
IEEE802.11
a/b/g/n
Bluetooth
4.2
【その他機能】
IPX6/8
IP6X
耐衝撃
生体認証
指紋:×
虹彩:×
顔認証:×
ワイヤレス充電
×
FeliCa
×
NFC
×
赤外線
×
ワンセグ
×
フルセグ
×
ハイレゾ
×
GPS
外部接続
microUSB
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
特になし
<一口コメント>
パナソニックがスマホに復帰?と思いましたが、ビジネス用途限定の特殊モデルとしての扱いみたいですね
一応、取り寄せで一般でも購入可とのことですが、耐衝撃スマホもだいぶ増えてきているので強度の違いはあるのでしょうが、わざわざ一般用途で取り寄せまでするモデルではないのかなぁという印象でした。

au、2018年夏モデル7機種+1機種(新色追加)を発表

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:【
  • タグ:【

auから2018年夏モデル7機種が発表されました。
新色追加1機種も含めると8機種ですね。

最近よく出ていたHTCと京セラの機種がないなぁという以外は
主要なメーカーのモデルを取りそろえた感じですね。
(京セラはかんたんケータイを出していますが、スマホモデルを出さなかったのは珍しいですね。)

夏モデルを発表して早々ですが、5月末にもまた発表があるらしいので隠し玉がでてくるのかな?と今回のモデルも含めて今から楽しみですね。

  機種名 メーカー 画面サイズ メモリ データ容量 発売時期 備考
Xperia XZ2 Premium SONY 5.8インチ 6GB 64GB 2018年8月中旬
Xperia XZ2 SONY 5.7インチ 4GB 64GB 2018年5月下旬
⇒2018年5月31日
AQUOS R2 SHARP 6インチ 4GB 64GB 2018年6月上旬
⇒2018年6月8日
Galaxy S9 サムスン 5.8インチ 4GB 64GB 2018年5月18日
Galaxy S9+ サムスン 6.2インチ 6GB 64GB 2018年5月18日
HUAWEI P20 lite Huawei 5.8インチ 4GB 64GB 2018年6月上旬
⇒2018年6月15日
かんたんケータイ KYF38 京セラ 3.4インチ 1GB 8GB 2018年7月下旬
AQUOS sense SHARP 5インチ 3GB 32GB 2018年6月中旬
⇒2018年6月15日
新色追加(ノーブルレッド)

かんたんケータイ KYF38/京セラ/au

機種名:かんたんケータイ
型番:KYF38(au)
メーカー名:京セラ
携帯事業者: au
発売日:2018年7月下旬
<スペック>
【画面サイズ】
3.4インチ
854×480ピクセル
288dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
115mm
51mm
17.9mm
142g
ロイヤルブルー
シャンパンゴールド
ワインレッド
 
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
800万画素
 
サブ
(インカメラ)
 
【性能】
CPU
Snapdragon 210
1.1GHz×4
OS
Androidベース
メモリ
1GB
データ容量
8GB
外部容量
microSDHC
最大32GB
バッテリー
1500mAh
待受時間
通話時間
通信速度
Wi-Fi
IEEE802.11
b/g/n
Bluetooth4.1
【その他機能】
IPX5/8
IP5X
耐衝撃
生体認証
指紋:×
虹彩:×
顔認証:×
ワイヤレス充電
×
FeliCa
×
NFC
×
赤外線
ワンセグ
×
フルセグ
×
ハイレゾ
×
GPS
外部接続
microUSB
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
画面全体から音声を伝える「スマートソニックレシーバー」を搭載
付属の卓上ホルダではマナーモード中も着信音で通知を行う「おうちモード」搭載
<一口コメント>
家電話にちょうどいいフューチャーフォンと言った感じでしょうか。 受話機能を強化し、卓上フォルダに載せているといはマナーモードでも着信音がなることから家電話の置き換えにいいように思います。

スマート体組成計2/セイコー/ソフトバンク

機種名:スマート体組成計2
型番・別名:702SI(softbank)
メーカー名: セイコー
携帯事業者:softbank
発売日:2018年07月20日
<スペック>
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
235mm
310mm
27.7mm
1500g
ホワイト
 
 
 
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
×
サブ
(インカメラ)
×
【性能】
CPU
OS
メモリ
データ容量
外部容量
バッテリー
1490mAh
待受時間
720時間
通話時間
-分
急速充電
Wi-Fi
IEEE802.11
Bluetooth
4.1
【その他機能】
×
×
耐衝撃
×
生体認証
指紋:×
虹彩:×
顔認証:×
ワイヤレス充電
×
FeliCa
×
NFC
×
赤外線
×
ワンセグ
×
フルセグ
×
ハイレゾ
×
GPS
×
外部接続
microUSB
SIMカード
【その他独自機能】
<一口コメント>
体組成計に通信機能を搭載することでクラウドで健康管理できるのはいいアイディアですね。ほかの事業者も出せばいいのに。

シンプルスマホ4/SHARP/softbank

機種名:シンプルスマホ4
メーカー名: SHARP
携帯事業者:softbank
発売日:2018年07月20日
レビュ・評価:価格コム(softbank)
<スペック>
【画面サイズ】
5インチ
IGZO液晶
1280× 720ピクセル
294dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
143mm
71mm
9.4mm
148g
シャンパンシルバー
ネイビー
ピンク
 
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
1310万画素
サブ
(インカメラ)
500万画素
【性能】
CPU
Snapdragon 430
1.4GHz×4+1.1GHz×4
OS
Android8.0
メモリ
3GB
データ容量
32GB
外部容量
microSDXC
400GB
バッテリー
2800mAh
待受時間
630時間
通話時間
1290分
急速充電
Quick Charge3.0
Wi-Fi
IEEE802.11
b/g/n
Bluetooth
4.2
【その他機能】
IPX5/8
IP6X
耐衝撃
生体認証
指紋:×
虹彩:×
顔認証:×
ワイヤレス充電
×
FeliCa
×
NFC
×
赤外線
ワンセグ
フルセグ
×
ハイレゾ
×
GPS
外部接続
microUSB
SIMカード
SIMカード
【その他独自機能】
<一口コメント>
音声検索を行う専用ボタンを搭載
スマホ初心者、シニア層向けのシンプルスマートフォンシリーズです。
簡単スマホ機能を売りにするスマホの中でもシニア向けを意識したシリーズは機能をしっかり作っている感じがして好感が持てますね。あとはデザインをシニア層以外にも受け入れやすくすればいいのになぁ・・・と。

DIGNO J/京セラ/ソフトバンク

機種名:DIGNO J
メーカー名:京セラ
携帯事業者: ソフトバンク
発売日:2018年7月6日
<スペック>
【画面サイズ】
5.1インチ
1920×1080ピクセル
432dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
145mm
72mm
8.4mm
130g
アクアブルー
チャコールブラック
パールホワイト
 
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
1300万画素
 
サブ
(インカメラ)
500万画素
 
【性能】
CPU
Snapdragon 430
1.4GHz×4+1.1GHz×4
OS
Android8.1
メモリ
3GB
データ容量
32GB
外部容量
microSDXC
最大256GB
バッテリー
2600mAh
待受時間
640時間
通話時間
1010分
通信速度
112.5Mbps (DOWN)/ 37.5Mbps (UP)
Wi-Fi
IEEE802.11
b/g/n
Bluetooth4.2
【その他機能】
IPX5/7
IP5X
耐衝撃
生体認証
指紋:×
虹彩:×
顔認証:×
ワイヤレス充電
×
FeliCa
×
NFC
×
赤外線
ワンセグ
×
フルセグ
×
ハイレゾ
×
GPS
外部接続
USB type-C
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
スマートフォンビギナー向けの「かんたんビギナーホーム」機能を搭載
<一口コメント>
スマートフォンビギナー向けの低価格モデルという位置付けのようですが、ちょっと機能絞りすぎな気もしますね。シニア向けなど一定の層にスマホビギナー向けモデルは必要だと思いますが、個人的にはケータイ入力などはそろそろ不要じゃないのかな?という気がします。

ソフトバンク、2018年夏モデル発表

ソフトバンクから2018年夏モデルスマートフォン6機種と通信サービス付アクセサリ1機種が発表されました。
docomoの夏モデル発表会のニュースを聞いて、」夏モデルの発表はdocomoが一番乗りかぁと思っていたので驚きました。
ソフトバンクは今夏モデルでは発表会なしなんですね。
6機種のうち、SONYとSHARPの2機種は既にメーカー側から発表済み、Huaweiの機種は既にSIMフリーで出ているのでソフトバンクでも取り扱い開始といった感じでしょうか。

<スマートフォン>
  機種名 メーカー 画面サイズ メモリ データ容量 発売時期 備考
HUAWEI Mate 10 Pro Huawei 6インチ 6GB 128GB 2018年5月18日
Xperia XZ2 SONY 5.7インチ 4GB 64GB 2018年5月下旬以降
⇒2018年5月31日
AQUOS R2 SHARP 6インチ 4GB 64GB 2018年6月上旬以降
⇒2018年6月8日
HUAWEI nova lite 2 Huawei 5.7インチ 3GB 32GB 2018年7月上旬以降
⇒2018年7月6日
DIGNO J 京セラ 5インチ 3GB 32GB 2018年7月上旬以降
⇒2018年7月6日
スマホビギナー向け
シンプルスマホ4 SHARP 5インチ 3GB 32GB 2018年7月下旬以降 シニア向けスマホ
<通信サービス付アクセサリ>
  機種名 メーカー 画面サイズ メモリ データ容量 発売時期 備考
スマート体組成計2 セイコー - - - 2018年7月下旬以降

<関連ニュース>

AQUOS R2/SHARP/docomo・au・softbank

機種名:AQUOS R2
型番・別名:SH-03K(docomo) / SHV42(au)
メーカー名: SHARP
携帯事業者:docomoausoftbank
発売日:2018年06月08日
レビュ・評価:価格コム(docomoausoftbank
<スペック>
【画面サイズ】
6インチ
IGZO液晶
3040× 1440ピクセル
561dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
156mm
74mm
9mm
181g
プラチナホワイト
プレミアムブラック
コーラルピンク
(docomo)
ローズレッド
(ソフトバンク)
アクアマリン
(au)
ブルーシルバー
(ソフトバンク(2018/11/9追加))
ピンクゴールド
(ソフトバンク(2018/11/9追加))
 
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
2260万画素+1630万画素
ツインカメラ(静止画+動画)
サブ
(インカメラ)
1630万画素
【性能】
CPU
Snapdragon 845
2.6GHz×4+1.7GHz×4
OS
Android8.0
⇒Android9.0
メモリ
4GB
データ容量
64GB
外部容量
microSDXC
400GB
バッテリー
3130mAh
待受時間
530時間
通話時間
1770分
急速充電
Quick Charge3.0
Wi-Fi
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
Bluetooth
5
【その他機能】
IPX5/8
IP6X
耐衝撃
×
生体認証
指紋:○
虹彩:×
顔認証:×
ワイヤレス充電
×
FeliCa
NFC
赤外線
ワンセグ
フルセグ
ハイレゾ
GPS
外部接続
USB Type-C
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
人工知能エモパー8.0
動画専用カメラと標準カメラの独自のデュアルカメラ構成により動画撮影中に高精細静止画を撮影可
<一口コメント>
AQUOS Rシリーズの次期フラグシップモデルが発表されました。
ノッチ付のベゼルレスディスプレイをIGZO液晶で搭載し、独自構成のデュアルカメラにより今までのデュアルカメラ機種とは違う強みをもてそうで今から期待が持てますね。

Xperia XZ2/SONY/docomo・au・softbank

機種名:Xperia XZ2
型番・別名:SO-03K(docomo) / SOV37(au)
メーカー名: SONY
携帯事業者:docomoausoftbank
発売日:2018年05月31日
レビュ・評価:価格コム(docomoausoftbank
<スペック>
【画面サイズ】
5.7インチ
2160× 1080ピクセル
424dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
153mm
72mm
11.1mm
198g
リキッドブラック
リキッドシルバー
ディープグリーン
アッシュピンク
(docomo・au)
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
1920万画素
サブ
(インカメラ)
500万画素
【性能】
CPU
Snapdragon 845
2.8GHz×4+1.8GHz×4
OS
Android8.0
⇒Android9.0
メモリ
4GB
データ容量
64GB
外部容量
microSDXC
400GB
バッテリー
3060mAh
待受時間
620時間
通話時間
2010分
急速充電
Wi-Fi
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
Bluetooth
5.0
【その他機能】
IPX5/8
IP6X
耐衝撃
×
生体認証
指紋:○
虹彩:×
顔認証:×
ワイヤレス充電
FeliCa
NFC
赤外線
×
ワンセグ
フルセグ
ハイレゾ
GPS
外部接続
USB type-C
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
960fpsのスーパースローモーション撮影、3Dクリエーター機能搭載、ダイナミックバイブレーションシステム
<一口コメント>
先代モデルと大きくデザイン変更してきたXZ2。賛否両論はあると思いますが果たして・・・。
(個人的には好みではないため次回機種変更はXperiaから一度離れそう...)
バイブレーションに臨場感を持たせようとした新しい試みは評価できると思いますが、他の基本スペックがフラグシップというには少し弱いかなぁ。

Galaxy S9+/サムスン電子/docomo・au

機種名:Galaxy S9+
型番・別名:SC-03K(docomo) / SCV39(au)
メーカー名: サムスン電子
携帯事業者:docomoau
発売日:2018年05月18日
レビュ・評価:価格コム(docomoau
<スペック>
【画面サイズ】
6.2インチ
有機EL
2960× 1440ピクセル
531dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
158.1mm
73.8mm
8.5mm
187g
Titanium Gray
Midnight Black
Lilac Purple
(国内取扱いなし)
Coral Blue
(国内取扱いなし)
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
1200万画素×2
デュアル&可変絞りレンズ
サブ
(インカメラ)
800万画素
【性能】
CPU
Snapdragon 845
2.8GHz×4+1.8GHz×4
OS
Android8.0
⇒Android9.0
メモリ
6GB
データ容量
64GB
外部容量
microSDXC
400GB
バッテリー
3500mAh
待受時間
400時間
通話時間
1310分
急速充電
Wi-Fi
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
Bluetooth
5.0
【その他機能】
IPX8
IP6X
耐衝撃
×
生体認証
指紋:○
虹彩:○
顔認証:○
ワイヤレス充電
FeliCa
NFC
赤外線
×
ワンセグ
フルセグ
ハイレゾ
GPS
外部接続
USB type-C
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
デュアルカメラに加えて機械的に可変絞りに対応したカメラレンズを搭載し、光量を自動的に調整
<一口コメント>
GalaxyS9の兄弟機種でGalaxyS8+からの正統進化モデル。デザインは前モデルを踏襲しているため、前モデルユーザーには買い替え候補にはならないかな?と思いますが、カメラ機能は可変絞り機能を搭載する等大幅進化しているのでカメラにこだわる方、S7までのユーザーの方には満足度が高いモデルだと思います。
S9とほぼ同一スペックですが、カメラがデュアルカメラになっているため、2018年上期では最強スペックの端末になりそうですね。 日本には2018年夏モデルでの登場だと思われますが、発表が楽しみですね。

Galaxy S9/サムスン電子/docomo・au

機種名:Galaxy S9
型番・別名:SC-02K(docomo) / SCV38(au)
メーカー名: サムスン電子
携帯事業者:docomoau
発売日:2018年05月18日
レビュ・評価:価格コム(docomoau
<スペック>
【画面サイズ】
5.8インチ
有機EL
2960× 1440ピクセル
568dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
147.7mm
68.7mm
8.5mm
163g
Lilac Purple
Midnight Black
Titanium Gray
Coral Blue
(国内取扱いなし)
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
1200万画素
可変絞りレンズ
サブ
(インカメラ)
800万画素
【性能】
CPU
Snapdragon 845
2.8GHz×4+1.8GHz×4
OS
Android8.0
⇒Android9.0
メモリ
4GB
データ容量
64GB
外部容量
microSDXC
400GB
バッテリー
3000mAh
待受時間
390時間
通話時間
1170分
急速充電
Wi-Fi
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
Bluetooth
5.0
【その他機能】
IPX8
IP6X
耐衝撃
×
生体認証
指紋:○
虹彩:○
顔認証:○
ワイヤレス充電
FeliCa
NFC
赤外線
×
ワンセグ
フルセグ
ハイレゾ
GPS
外部接続
USB type-C
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
機械的に可変絞りに対応したカメラレンズを搭載し、光量を自動的に調整
<一口コメント>
GalaxyS8からの正統進化モデル。デザインは前モデルを踏襲しているため、前モデルユーザーには買い替え候補にはならないかな?と思いますが、カメラ機能は可変絞り機能を搭載する等大幅進化しているのでカメラにこだわる方(ただその場合はデュアルカメラ構成のS9+のほうがいいかもですが)、S7までのユーザーの方には満足度が高いモデルだと思います。 日本には2018年夏モデルでの登場だと思われますが、発表が楽しみですね。

Mate 10 Pro/Huawei/softbank・SIMフリー

機種名:Mate 10 Pro
メーカー名: Huawei
携帯事業者:softbank / SIMフリー
発売日:2018年05月18日(softbank)2017年12月01日(SIMフリー)
レビュ・評価:価格コム(softbankSIMフリー
<スペック>
【画面サイズ】
6インチ
有機EL
2160× 1080ピクセル
402dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
重さ
154.2mm
74.5mm
7.9mm
178g
ミッドナイトブルー
チタニウムグレー
 
 
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
1200万画素+2000万画素
デュアルカメラ
サブ
(インカメラ)
800万画素
【性能】
CPU
Kirin 970
2.36GHz×4+1.8GHz×4
OS
Android8.0
⇒Android9.0
メモリ
6GB
データ容量
128GB
外部容量
×
バッテリー
4000mAh
待受時間
435時間
通話時間
950分
急速充電
Wi-Fi
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
Bluetooth
4.2
【その他機能】
IPX7
IP6X
耐衝撃
×
生体認証
指紋:○
虹彩:×
顔認証:○
ワイヤレス充電
×
FeliCa
×
NFC
赤外線
×
ワンセグ
×
フルセグ
×
ハイレゾ
GPS
外部接続
USB type-C
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
AIによる機械学習でカメラ撮影時にリアルタイムの被写体認識とインテリジェントな自動撮影設定
<一口コメント>
ライカ製カメラをデュアルカメラで搭載し、AIによる機械学習をいかしてリアルタイムの被写体認識と高機能モデルになっています。これだけの機種をdocomoをはじめとした有力キャリアから出さないのはなぜなんでしょうね